人に出すべきおせち料理

「おせち料理」の事に関する情報サイトです。
日本には、伝統的な食べ物としておせち料理がありますが、実は現代のおせち料理はあまり人に出すべきではないものなのです。

人に出すべきおせち料理

おせち料理を日本人のソールフードと言う人は何もいるでしょう。

ですが、日本のおせち料理の現状をしっていて、そのようなことを言っている人は果たして何人ぐらいいるのでしょうか。

そして、そのようかことを言っている人はとてもはずかしいことを言っているということに気づいて欲しいため、この記事を書いてます。

というのも日本のおせち料理は伝統的なものですが、現在の日本で販売されているおせち料理は、人に出すようないいものではなくなってしまっているからです。

それは、むかしのようなおせち料理ではなく、今風にアレンジされてしまっているからです。

アレンジといってもおせち料理を洋風にしたり中華風にしたりなど、食べ物を変えるわけではないのです。

むしろ、今ではむかしより同じ料理ですがさらに豪勢になっていることが多いでしょう。

それでは、何が「今風」になっているのでしょうか。

簡単に言うと、添加物や化学調味料です。

これを聞いてハッとした人は少なくないでしょう。

むかしと違い、今風にアレンジされている理由は科学調味料にあるからです。

現在の日本において、もっとも残念なところは、なんでもかんでも化学調味料でできているからです。

おせち料理をはじめ、カップラーメンやコンビニのお弁当など様々な食べ物が化学調味料によりできています。

そんな食べ物を外国の人に見せても気持ち悪いだけではないでしょうか。

そんな薬品まみれの食べ物を日本の文化だと言って出すべきではないのを、今の日本人は知るべきではないでしょうか。

新年のスタートにふさわしいおせち料理は、いろいろな種類のおせちがあるオイシックスがおススメです!